千葉ロッテマリーンズについて2018 その1

 昨シーズンは前半戦の打線陣の歴史的不調、石川を筆頭に投手陣が期待した程に振るわなかった事もあり、最下位でシーズンを終え、当ブログ筆者の余りにも曖昧な2位〜5位予想も見事に外れてしまった。

今年こそはチームもより実力を付け、Aクラス、あるいは優勝、日本一に届くだろうという極めて楽観的希望の元にここまでの戦力補強、あるいは離脱の振り返り、今シーズンの希望、順位予想をしたいと思う。

 

 まずは今年のドラフトについて。今年のドラフトは1位で日ハムに入団した清宮を外し、

1位 安田尚憲 (内) 履正社高校

2位 藤岡裕大 (内) トヨタ自動車

3位 山本大貴 (投) 三菱自動車岡崎

4位 菅野剛士 (外) 日立製作所

5位 渡邊啓太 (投) NTT東日本

6位 永野将司 (投) 本田技研工業

育成

1位 和田康士朗 (外) 富山GRNサンダーバーズ

2位 森遼大朗 (投) 都城商業高校

となっている。

ドラ1の安田、育成の森以外は社会人を指名した形になった。

 

 このドラフトについてだが、筆者から見ると良ドラフトであり、同時に堅実な井口監督1年目に相応しいドラフトに見える。

清宮を外したという点では確かに今回のドラフトは最良では無いかもしれないが、安田を引き当てた事でこのドラフトは、半ば成功したと言っても過言ではない状態になった。

当然の事だが、チームというのは1年で出来るものでは無く、大正義とされる球団も全ての選手が同世代である訳でも無く、黄金世代とされる世代も全ての選手がロッテに来てくれる訳でも無い。

つまり、チームの構成は確固たるチーム戦略の上で為されるべきで、それに沿っていれば最良で無くとも、良ドラフトで充分なのである。

チーム戦略という点では最近の横浜の左腕王国路線やソフトバンクや広島の育成路線や巨人のFA補強があるが、FAで選手を取るイメージがあまり無いロッテにおいてはドラフトが最重要であり、その点で、今回はしっかり足場を固め、上を見れるような良ドラフトだったと言えるだろう。

 

 長々とドラフト論に脱線してしまったが、個別の選手に触れていきたいと思う。

 

 まずはドラフト1位の安田尚憲内野手。今年のドラフトは何よりもこの選手である。日ハムに行った清宮を指名する前のスポーツ紙の論調では安田をロッテが単独指名という見方もあり、筆者は清宮そっちのけに安田一本釣りと意気込み、浮かれていたのである。

結局、1回目の指名で安田を指名する球団は無く、清宮に7球団が競合し、日ハムが引き当て、外れ1位でSB阪神との競合に勝ち、ロッテが安田を引き当てた。ここで安田を外した場合は1位藤岡、あるいはオリックス2位の鈴木などもあり得たのかもしれないが、ともあれ安田を引けた事が今ドラフト1番の僥倖と言える。

 

 安田はより早く自然にプロ、そしてチームに溶け込み、その中で自身を主砲として自覚した上で主役に引き立て、プレーや行動で周りを刺激し、チームを牽引する、あるいは変化させる事ができる選手だと筆者は見ている。高校時代の実績も十分。一向に主砲に成れずに中距離打者に成りつつあるアジャ井上、そしてファンに対して、これがドラ1、ロッテの主砲安田尚憲だと、5年後には示せるような選手になっていて欲しい。

何しろ待望の和製大砲である。ロッテでは大松以来になり、外国人では主砲であったデスパイネが抜けてチームとして主砲不在の中、この2人が達成していないマリンでの30本を達成し得る選手なのである。彼は毎年解雇され補充される陣容のサイクルだけでないプラスの要素として「主砲」という夢をロッテに与えてくれるだろう。1人のロッテファンとして楽しみに見ていたい。

 

 続いて2位の藤岡裕大内野手について触れてみる。安田が◎だったとすると藤岡は○、その他を△にするのはよろしくないが、3位~6位の選手と比べると重要度が1段階上だった選手である。今年のロッテは守備を見るとショートが大きな穴になっていたのでそこを2位指名でピンポイントに、素早く補強した形だ。

今年のロッテのショートは

三木亮 78試合 守備率.982 5失策

平沢大河 48試合 守備率.947 9失策

大嶺翔太 36試合 守備率.951 5失策

中村奨吾 27試合 守備率.936 6失策

でショートのUZRが合計で-26.4にもなり、全球団中最下位になっていた。

今年の三木は一時期調子が良かったが、骨折でシーズン途中に離脱し、期待の平沢は4/28の西武戦で3エラーを記録するなど守備が不安。中村は鈴木がコンバートしたセカンドに入り、大嶺も打撃は良いが決め手に欠けるので、来年は主に指名した藤岡と三木でショートを主に争う事になるか。今の所は藤岡の強肩の守備に注目が集まっているが、打撃や走塁にも期待していきたい。

 

 続いて3位の山本大貴投手。社会人の左投手で最速148km、ツーシームやカーブ、スライダーを操る投手。ロッテの左腕は先発が特に貧弱で、左腕で戦力に数えられるのは便利屋のチェン、中継ぎの松永くらいである。期待株である成田の成長や後述するオルモスが加わったのを織り込んでも、未だ物足りない左腕陣、そして先発陣の中で、一角を成す、あるいはそれ以上の活躍に期待したい。

 

 4位の菅野剛士外野手も社会人からで、明治大学時代には六大学の通算二塁打記録を打ち立ててた。中村奨吾がいれば「内野は10年安泰」と評価した諸積スカウトが担当で、打力でオリックス吉田正尚楽天の茂木にも引けを取らないと評価している。

清田や荻野が年齢を重ね、角中も単年契約を選び、来年以降確実に残留するという保証が無い中、加藤やその他の選手と共に次の世代の外野を担える素材として期待しよう。

※追記 3/13時点までのオープン戦によると、守備に不安があるらしく、開幕を上で迎えるのはどうなるか。明治大学時代には阪神の高山にセンターを譲っていたという。

 

 5位は渡辺啓太投手で、この選手も社会人からで、4位の菅野選手同様、諸積スカウトの担当である。

ドラフト内で直前にヤクルトが東海大望洋の金久保投手を指名した事で 、ロッテのテーブルが少し考えた後に取った選手である。おそらく、ロッテとしては地元枠かつ高卒の素材型の去年の島のような位置付けで金久保を取ろうとしたが、直前に指名されたので代わりに渡辺を指名したのだろう。だが、去年のドラ5の有吉に劣らぬ活躍をするよう期待したい。

 

 6位の永野将司投手は社会人の速球派左腕であるが、コントロールに難があるが、速球派左腕という存在としては面白い。他チームの打線を相手にどこまで通用するか。また、本人の性格が変わっているらしく、今年自由契約になった選手のような素行面が少々心配である。

※追記 3/13までのオープン戦で3/6の巨人戦に登板したが、回の先頭の陽と岡本に連続で外野席で運ばれてしまい、制球を乱して1つもアウトを取れずに降板し、4失点を喫してしまった。

 

 育成1位の和田康士朗外野手は、中学時代に軟式をしていたが、一度辞め、高校では初め陸上部に入り、その後陸上部を退部した後は高校の野球部に入らずにクラブチームに所属し、去年、独立リーグ富山GRNサンダーバーズに入団し、1年でロッテに育成指名された選手である。

少しややこしく見えるのは筆者の書き方にも問題があるだろうが、とにかく変わった経歴を持つ選手であり、彼のここまでを見るとまるで階段を駆け上がっているかのような印象を受ける。このまま駆け上がり、一軍で活躍する日を楽しみにしたい。

 柳田を手本にしたフルスイングが持ち味らしいが、身体が少し細く、故障が少し心配である。去年育成で指名された菅原も歴代新人の中で1番となる数字を出し、身体能力の高さが謳われていたが、腰を故障し、今年自由契約にされてしまっていた。故障に気を付け、まずは支配下登録を勝ち取りたい。

 

 育成2位の森遼太朗投手は都城商業の右投げで、最速145kmのストレートとツーシーム、スライダー等を武器にする。フォームの美しさが山森スカウトに評価され、潜在能力の高さも好評価。少し長い目で育成するよう球団に期待したい。

高校時代には宮崎県予選の準決勝まで進むが、8回6失点で県予選準優勝の日向学院相手に完投負け。その前の2試合では合わせて17回を3失点に抑えている。

 

 最後に井口監督のドラフト戦略について少々。

今回のドラフトは育成も含めて投手4、内野手2、外野手2の構成となった。

捕手を取らなかった事に関しては前任の伊東監督が田村と吉田、そして第3捕手候補に江村と柿沼と整備しており、それを受け継いだ形なので不要だったからか。

ドラ1とドラ2の2人はロッテで最も欠点となっている、頼れる大砲候補と守れるショート候補であり、ここを上位でピンポイントで補強した事になる。

ドラ3はまた弱点の左腕を補強し、意図はわかるが、これは特筆する事のない選手なので微妙だ。だが、ドラ4で高齢化の進み始めている外野に継ぎ足せる有力な選手を取れた事が大きい。

ドラ5以下は特に取り上げる事もないが、育成の2人は若いので、育成の性質である将来性をよく鑑みて、去年の菅原の様に1年で切ることの無いように願う。

こう纏めると、今年のドラフト、特に上位において弱点を補強する意図を持って進められた事がよくわかる。去年までのドラフトはともかく、今年のドラフトはチームの弱点が良く把握されたドラフトだったと振り返られるだろう。

去年まで選手として活躍していた井口監督が良くチームを掌握し、指揮していく上で、まずはチームの戦力をしっかりと認識出来ていると確認出来た事がドラフトに取った選手以外にも得られた収穫だと言えるのでは無いか。

 

その1 ドラフト編。了。その2に続く……

 

※この文章は主にドラフト後の11月に書かれた文章を筆者が4ヶ月程放置して3月13日(投稿日)に加筆訂正したもので、追記が一部に含まれています。